デジタル造形&最新フルカラー3Dプリンターでどうやってフィギュアを作るのかプロのクリエイターが詳細に語るトークパネルレポート

開発

デジタル造形&最新フルカラー3Dプリンターでどうやってフィギュアを作るのかプロのクリエイターが詳細に語るトークパネルレポート | Gigazine

さまざまな分野で活躍するアーティストやクリエイターの集団「Ultra Modelers」による、デジタル造形ソフトと最新型のフルカラー3Dプリンターによる作品の展覧会が2018年11月23日~25日に大阪で開催されました。会場では作品展示だけではなく、「ウルトラ!セミナー」と題して2日間にわたってさまざまなトークパネルが行われていました。3DCGモデリングソフト「ZBrush」の公認インストラクターであるBLESTARこと和田真一氏と、Wacomのエンタープライズエバンジェリストである轟木保弘氏による展示作品総括のトークパネル「創作人との炎の対談」では、和田氏の作品がどのようにして作られたのかが詳細にわたって語られていました。

当日の展覧会で展示されていた全作品は、以下の記事でチェックできます。

最新型フルカラー3Dプリンターで可能になった新しい造形の最前線を「ウルトラモデラーズ」展覧会でのぞいてきました – GIGAZINE


和田真一氏(以下、和田):
私の作品「密林の追跡者」のメイキングを、皆さまにご紹介しようかなと思います。


轟木保弘氏(以下、轟木):
お願いします。


和田:
今回使用させていただきましたホタルコーポレーションさんで撮影させてもらったんですが、株式会社ミマキエンジニアリングさんのプリンタですね、UV硬化インクジェット方式のフルカラー3Dプリンターです。


轟木:
これはもうさっそくチェックですよ、皆さん。

和田:
3DUJ-553」という機種なんですが、でかいでしょう。

轟木:
でかいですよね。

和田:
写真で見たらおわかりいただけると思うんですが、すごく大きくて。こういう形で展示会ができるぐらい作品が存在しているですけども、このプリンターが開発されてまだ、今月でやっと1周年なんですよ。

轟木:
はい。

和田:
私の作品は展覧会の入り口のところにあるので、実際にご覧いただきたいのですけれども。これは「密林の追跡者」の写真なんですが、ものすごく「出てる」んですよね。


和田:
私は仕事でフィギュア原型もやっておりましたので、レガシーなデジタルのデータの作り方をわかっているし、どうやって出力用の3Dデータを作らなきゃいけないのかという「縛り」も大変よくわかっている。

続きを読む

コメント