GoogleフォトやGmailなど、2年不使用でデータ強制削除

ニュース

GoogleフォトやGmailなど、2年不使用でデータ強制削除 21年6月から

Googleは、クラウドストレージサービス「Google One」において、サービスを2年間利用していない場合に、Google側で保存コンテンツの強制削除を可能とする新ポリシーを発表しました。

このポリシー変更は、Google Oneストレージを利用する「Googleフォト」「Gmail」「Google Drive(Googleドキュメント・スプレットシート・スライド・図形描画・フォーム・Jamboard)」が影響を受けます。

2021年6月1日に適用される新ポリシーによると、サービス不使用または容量超過の状態が2年間続くと、Googleがコンテンツを強制的に削除する場合があります。

『不使用』の判断はサービスごとに行われ、「Googleドライブ」と「Gmail」は利用しているものの、「Googleフォト」だけ2年間は利用していない場合、「Googleフォト」のコンテンツだけ削除されます。

なお、サービス未使用または容量超過の状態が続いている場合には、Googleが事前に通知するほか、コンテンツを削除する3か月前にも通知を行うといいます。

実際にコンテンツの削除が行われるのは、早くても2023年6月1日以降となる予定です。

同ポリシーは一般ユーザー向けアカウントに適用され、G SuiteまたはGoogle Workspaceアカウントには適用されません。

続きを読む

コメント