YouTubeの収益にチャンネル登録数はあまり関係ない、チャンネル登録数が少なくてもまとまった安定収入をゲットする方法とは?

雑談

YouTubeの収益にチャンネル登録数はあまり関係ない、チャンネル登録数が少なくてもまとまった安定収入をゲットする方法とは? | Gigazine



YouTubeでよくムービーを見る人の中には、最後にYouTuberが「チャンネル登録をお願いします!」と言うのを聞いたことがある人も多いはず。YouTubeにムービーを投稿するクリエイターの多くはチャンネル登録数を重要視していますが、YouTuberのクリスタル・ワッシャー氏は、「YouTubeでの収益には、チャンネル登録数はそれほど重要ではありません」と説明し、一体どうすればチャンネル登録数が少なくても安定した収益を得ることができるのかを伝授しています。

How Much I Earn As a Small YouTuber with 7,231 Subscribers | by Krystal Wascher | The Post-Grad Survival Guide | Oct, 2020 | Medium
https://medium.com/the-post-grad-survival-guide/how-much-i-earn-as-a-small-youtuber-with-7-231-subscribers-11bb7eac6e66

◆チャンネル登録数より重要な要素とは?
ワッシャー氏の本業は弁護士兼作家ですが、弁護士業の傍らでYouTubeチャンネル・Create with Krystalにハウツーもののムービーを投稿しているYouTuberでもあります。とはいえ、Create with Krystalのチャンネル登録数は2020年10月下旬の時点で7231人で、ワッシャー氏が2016年のチャンネル開設以来投稿したムービーはわずか5本。2019年10月に最後のムービーを投稿してから、既に1年以上新しいムービーを投稿していません。


決してチャンネル登録数が多いわけでも、多作なわけでもありませんが、ワッシャー氏は毎月500ドル(約5万2000円)前後の安定した収益をYouTubeで稼いでいます。


ワッシャー氏は、2020年に入ってから5000人のチャンネル登録数を獲得しましたが、上記のとおりワッシャー氏は安定して毎月500ドルの収益を上げていることから、チャンネル登録数の増加は収益に大した影響を与えていないことが分かります。


確かに、チャンネル登録数が多ければ、新しいムービーをアップロードした際にそれを見てくれる視聴者も多くなりますが、ワッシャー氏のように頻繁にムービーを投稿していない人には、その恩恵は微々たるものです。また、「大量のチャンネル登録数を抱えていながら、ムービー1本当たりの再生数はそれほど振るわない」というYouTubeチャンネルもありますが、そうしたチャンネルよりワッシャー氏のような「チャンネル登録数は少なくても一定の再生数は稼げている」という人の方が収益は多いとのこと。

そのため、ワッシャー氏は「YouTubeで収益を得るためには、チャンネル登録数よりムービーの再生数の方がはるかに重要です」と述べてます。

◆ポイントは特定の話題に焦点を絞ること
ワッシャー氏は、「どうやってお金を稼いでいるか」について解説しているYouTuberのムービーをいくつも見た経験から、収益には「どのような話題をカバーしているか」が重要になっていることに気がつきました。

続きを読む

コメント