人間はそういう風にできているのか?奇妙な10の心理効果

雑談

人間はそういう風にできているのか?奇妙な10の心理効果 | カラパイア

time-1739629_640_epixabay
 良くも悪くも、あらゆる人間が心理効果に操られている。

 よく知られたものから、幸いにしてあまり知られていないものまで様々であるが、いずれにせよ、その複雑な作用は理屈や感情を上回る。

 ここではそうした、奇妙でありつつも、どこか恐ろしさを感じさせる心理効果について紹介しよう。

10. 嫌いなものを選択させる反心理作用「リアクタンス」

1_eimage:pixabay References:How Does Reverse Psychology Work?
 子供に嫌いな野菜を食べさせるなら、自由が制限されそうになると、それを回復しようとする「リアクタンス」という人間の習性を利用するといい。これこそが反心理作用である。

 だとえば、ブロッコリーが大嫌いな子供がいたとする。その子にとってブロッコリーは無価値である。だが、反対に自分の好きなように選択する自由は最高に大きな価値がある。

 そこで、その子にブロッコリーを食べなさいではなく、食べてはいけないと言うのだ。あら、不思議。自由を失いたくないその子の目に、緑の悪魔がキラキラと光って見えるようになる。

9. 気を散らされると審美眼が曇る

2_e0image:pixabay References:Distraction May Make Us Less Able to Appreciate Beauty
 ルーヴル美術館のモナリザは、何もない殺風景な壁に飾られている。せっかくの名画なのだから、ファンファーレでも鳴らして演出すればいいとお考えかもしれないが、こうしているのには理由があるのだ。

 じつは気を散らすようなものがあると、審美眼が曇るのである。こうしたことは美術館や昔の哲学者ならとっくに知っていたが、心理学者は最近になってようやく理解し始めたところだ。

 ドイルの哲学者イマヌエル・カントはこのように述べている――美は物体の特徴ではなく、見る者の主観である、と。

 つまり、絵画などの作品にどれだけ美が見出されるかは、その瞬間それを見る人間がどれだけ意識的であるかに左右される。

 ところが気を散らせてしまうものがあると、心の働きが鈍る。その結果、人が感じる美しさは15パーセント低下するのである。

8. 見知らぬ人でも、信用できる知り合いに似ていると親近感を覚えてしまう「ファミリア・ストレンジャー効果」

3_e0image:pixabay References:This Is Why You Trust Some Strangers and Not Others
 物騒な世の中だ。見知らぬ者をいきなり信用するわけにはいかない。だが、この安全対策を破ってしまう心の働きがある。

 信用などできるはずもない見知らぬ他人が、知り合いの信用できる人物に似ていたりすると、普通よりも早く信頼できるようになるのだ。その知り合いの誰かは、好きなドラマの登場人物であってもかまわない。

 だが、その反対に、過去に虐待を受けた元夫や映画の悪役に似ていたりすると、その人をそうかんたんには信用できなくなる。

 ちなみにこの効果が発動されるには、なにも信用できる知り合いのそっくりさんである必要はない。

 好悪を問わず、知っている人物の特徴に少しでも似ている部分があればいいのだ。なにしろ、人はその人物に知り合いと似ている部分があるということにすら気づかないくらいなのだ。

7. サンタが心を傷つける

4_e0image:pixabay References:When Do Children Give Up on Santa?
 驚いたことに、サンタクロースという作り話のせいで、心に不信感や怒りを植え付けられてしまった大人がいる。

 ある大規模な調査によれば、ほとんどの子供が8歳頃にはサンタを信じなくなるという。

 子供たちが真実を知るきっかけはさまざまだ。はっきりサンタはいないと告げられた人もいるだろう。

 サンタに扮した親を目撃して知る場合もあるだろうし、あるいは空飛ぶトナカイや一晩で無数の人々にプレゼントを届けるといった、どう考えてもあり得ない話から嘘を悟る場合もあるだろう。

 大抵の場合、多少がっかりしても子供は大丈夫だ。だが、中には「親はほかにどんな嘘を吐いているのだろう?」という猜疑心を芽生えさせてしまうケースがある。

 調査では、成人の15パーセントが大きく裏切られたという思いを抱いており、10パーセントがあからさまに怒っていることが判明した。

 大人が良かれと思って吐く悪意のない嘘が、子供に紛れもないトラウマを植え付けることがあるのである。

続きを読む

コメント