「縁起の悪い数字」の謎にせまる

雑談

なぜ4・13・17・39・666は「縁起の悪い数字」とされているのか? | Gigazine



世界各国にはさまざまな「縁起の悪い数字」が存在しており、日常生活の中でその数字に出くわすと嫌な気持ちになったり、できるだけその数字を避けるように行動したりする人もいます。そんな「世界各国に存在する縁起の悪い数字」について解説するムービーが、YouTubeで公開されています。

Why 4, 13, 17, 39 & 666 Are the World’s Spookiest Numbers – YouTube


さまざまな数字が世界各国で「縁起の悪い数字」「不吉な数字」とされています。


たとえば西欧の文化圏では「13」


イタリアでは「17」


東アジアでは「4」


アフガニスタンでは「39」


世界の広い範囲では「666」など、さまざまな数字が嫌われていますが、特定の数字を嫌う理由は文化によって違います。


「4」を嫌うのは中国・韓国・日本・シンガポール・マレーシアなどの国々です。


中国語・韓国語・日本語において、「4」を意味するのは「si」という発音ですが……


この「si」は「死」の発音とほぼ同じであるため、中国や韓国、日本では「4」という数字は「不吉なもの」と見なされています。


中国系移民が多いシンガポールやマレーシアといった国々でも、同様の理由で「4」が嫌われています。


「死」と通じているため、特に病院では「4」の付く部屋番号が飛ばされる場合も多く……


香港では、40階~49階が全て存在しない高層ビルもあるそうです。


また、広東語では「14」が「実死(確かに死ぬ)」に、「24」が「易死(簡単に死ぬ)」に通じるため避けられているとのこと。日本でも「42」が「死に」、「49」が「死苦」に通じるため避けられがちであり、病院行きのバスに付けられたナンバープレートが「42」で始まっていることが物議を醸した事例があるほか、プロ野球選手の背番号でも「49」は外国人選手が付けることがほとんどとなっています。

続きを読む

コメント