Googleが倫理的AIチームのテクニカルリーダーを解雇

ニュース

Googleが倫理的AIチームのテクニカルリーダーを解雇 | Gigazine



Googleで倫理的人工知能(AI)チームのテクニカルリーダーを務めていたティムニット・ゲブル博士が、2020年12月3日(木)、AI部門のシニアフェロー&シニアヴァイスプレジデントであるジェフ・ディーン氏からメールで解雇を通告されたことを明かしました。解雇理由は「経営陣が『Googleのマネージャーの期待に反する』とみなしたメールを送信したこと」で、AI研究の専門家やGoogle従業員からは抗議の声が挙がっています。



Google’s Co-Head of Ethical AI Timnit Gebru Says She Was Fired for Email – Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-12-03/google-s-co-head-of-ethical-ai-says-she-was-fired-over-email?sref=ExbtjcSG

The withering email that got an ethical AI researcher fired at Google – Platformer
https://www.platformer.news/p/the-withering-email-that-got-an-ethical


ゲブル氏によると、解雇のきっかけとなったのはAIに関する論文を巡る問題だとのこと。論文は言語モデルの倫理問題を論じたもので、ゲブル氏がGoogleの同僚4人を含めて合計6人で執筆していました。

Googleでは論文を発表するためには社内レビューを通す必要があるのですが、Googleは論文撤回を求めてゲブル氏と対立。ゲブル氏が「論文についてさらなる議論を行わないのであれば辞任する」と表明したのに対して、Googleは議論を拒否。さらに、ゲブル氏が「Google Brain Women and Allies Listserv」のメンバーに、Googleにおける多様性の問題や、自身が黒人女性であることで疲弊した経験についてメールを送ったことと合わせて問題視し、Googlehは解雇を通告しました。

続きを読む

コメント