【Windows10】英字入力や日本語入力の切り替えをMacのように無変換キーや変換キーに変更する

昨年、MacBook Proを購入してからMacを使う頻度がとても増え、今ではすっかりWindowsを操作する際にMac用の操作をしてしまって混乱する程になってしまいました。

 

当時はその逆だったのでMacの操作をWindowsに寄せようとしていたのですが、今ではWindowsの操作をMac寄りにした方がいい気がしてきました。特にキーボードの変換回り

 

ということで今回は、Windows10

  • 無変換キーで英字入力に切り替える
  • 変換キーで日本語入力に切り替える

方法を紹介します。

 

 

 

コントロールパネルから設定画面を開く

 

まず、コントロールパネルを開きます。右上の検索バーにimeなどのキーワードを入力して、言語のカテゴリ内にあるMicrosoft IMEの設定(日本語)をクリックします。

 

 

 

 

Microsoft IMEの編集操作を変更する

 

全般タブの中段にある編集操作から、変更ボタンをクリックします。

 

 

 

 

Microsoft IMEの設定ウィンドウが表示されるので、ウィンドウ下部の詳細設定ボタンをクリックします。

 

 

 

 

無変換キーに英字入力(IME-オフ)を割り当てる

 

まずは無変換キーで英字入力(IME-オフ)となるよう設定していきましょう。

 

設定ウィンドウが表示されるので、少しスクロールし、無変換キーの行を探します。無変換キーの隣に「入力/変換」の列があるのでそこを選択(デフォルトではかな変換になっていると思います)し、変更ボタンをクリックします。

 

 

 

 

機能選択ウィンドウが表示されます。一覧の中からIME-オフを選択し、OKボタンをクリックします。

これで無変換キーを押すことで、英字入力に切り替わるようになりました。

 

 

 

 

変換キーに日本語入力を割り当てる

 

変換キーも同様に設定していきましょう。

 

先程は無変換キーにIME-オフを割り当てましたが、今度はIME-オンを割り当てます。

これで変換キーを押すことで日本語入力に切り替わるようになりました。

 

 

 

まとめ

Windowsのキー操作のカスタマイズはMicrosoft IMEの設定から変更することができます。

 

MacならCtrl + Shift + Spaceで、Windowsなら半角/全角キーで英字入力と日本語入力を交互に切り替えることができますが、こちらの切り替え方法であれば現在入力しているモードに依存せず切り替わってくれるので、「日本語入力しようとして半角/全角キーを押したら英字入力だった!」なんて煩わしさから開放されます。慣れるとなかなか快適ですよ。