キーリマップソフト Karabiner-Elements をアップデートしたら機能しなくなった際の対処法

Macをサードパーティ用のキーボードで使用したい場合、キーの配置を変更して使いたいことがあるかと思います。Windows用に設計されたキーボードならなおさらですね。

私はMacbook Proをクラムシェルモードで使うことがほとんどなので、Logicool製のキーボードをMacでもWindowsdでも切り替えて使っています。そんな時重宝するのがキーの配置や内容をカスタマイズできるキーリマップソフト。私はKarabiner-Elementsを使用しています。

 

バージョンアップしたら機能しなくなった

このソフトのおかげで快適にキーボードを使えていたのですが、先日、0.90.67にアップデートした途端に全く機能しなくなってしまいました。ログを見ると大量の警告メッセージが1秒ごとにどんどん増えていました。バグでしょうかね?

1

 

 

解決法

  1. Karabiner-Elementsアンインストール
  2. Mac再起動
  3. Karabiner-Elementsインストール

この手順で大量生産されていったログも出なくなり、元どおり機能するようになりました。

 

設定等、特にバックアップを取ることはしていませんでしたが、再インストールしたらそれも元どおりに復元されていました。不安な人は設定をメモしておくなりしておきましょう。

 

 

 

実は1度、単純にアンインストールして再インストールをしたら直ったのですが、この記事を書くにあたり検証としてもう一度アンインストール・再インストールをしてみたらまた同様の問題が発生してしまいました。しかも今度は何度アンインストール・再インストールをしても警告が止まらず直らなくなってしまい焦りました。

 

色々試した結果、アンインストールをして1度再起動を挟んだ後に再インストールすることで警告を止めることができました。同じようにお困りの方は是非試してみてください。