Finderでもマウスの[戻る][進む]ボタンで移動させる


Macbook Proをクラムシェルモードで使う場合、本体とは別のキーボードやマウス、トラックパッドなどの入力装置が必要になります。

私はトラックパッドに加え、Logicool製のマウスとキーボードを使用しています。マウスはいわゆる多ボタンマウスで、クリックとは別に[戻る][進む]ボタンなんかが付いていてとても重宝しています。

標準のドライバをインストールすれば、Safariやchromeなどでは問題なく[戻る][進む]ボタンで戻ったり進んだりできるのですが、なぜかFinderのディレクトリの移動は挙動がおかしいことになっています。

今回はFinderでもちゃんと[戻る][進む]ができるようにする設定を紹介します。

 

Logicool設定画面を開く

 

システム環境設定から Logicool Control Center を開きます。

ss6

すると接続されているマウスが表示されますので、 設定したいマウスを選択 して 設定 ボタンをクリック。

ss7

設定画面が表示されます。

ss4

ここで変更したいボタンを設定していけばいいのですが、現在設定対象が グローバル設定 になっています。これはどういうことかというと、(指定以外の)すべてのアプリケーションに対して有効な設定ということになります。ここで[戻る][進む]ボタンにFinder用のショートカットキーを割り当ててしまうと、今度はSafariやchromeなど、別のアプリケーションで戻ったり進んだりできなくなってしまう恐れがあります。

 

 

アプリケーションごとに設定できる

 

グローバル設定の横にある + ボタンを押すと、アプリケーションを指定した設定が行えるようになります。ここでFinderを登録し、設定を変更していきましょう。




問題となるのはFinderの場所。通常、多くのアプリケーションは /Applications/ ディレクトリに入っていますが、Finderはここにはありません。Finderは特別なアプリらしく、下記のディレクトリに格納されています。

 

/System/Library/CoreServices/Finder.app

 

このディレクトリへ移動して、Finderを指定します。

ss5

 

 

先ほどまで グローバル設定 のみだったプルダウンに Finder が追加されました。Finderが選択されている状態でボタン設定を変更すれば、その変更はFinderにのみ反映されます

 

早速[戻る]ボタンを設定してみましょう。 親指戻るボタン を選択して キーストローク を選びます。Finderで戻るショートカットキーは [+⌘(コマンドキー) なので、 タイプするキーに[ を、 同時に押す特殊キーに⌘(コマンドキー) を選択します。

ss1 ss3

 

 

 

同様に、[進む]ボタンも設定しましょう。

ss2

Finderで進むショートカットキーは ]+⌘(コマンドキー) なので、 タイプするキーに] を、 同時に押す特殊キーに⌘(コマンドキー) を選択します。

 

 

これでFinderでも[戻る][進む]ボタンでもディレクトリを右往左往できるようになりました!

 

他のアプリケーションやボタンでも色々設定ができるので、自分好みにカスタマイズして快適なMac生活を送りましょう。